作成者別アーカイブ: octopodicon

27歳独身男性会社員のセックス依存症日記

おれのこの性欲はどう考えたっておかしい。
仕事にさえ手がつかない有様なのだ。
これはきっと何かあると思い、ネットで調べていったところ、辿り着いた答えが「セックス依存症」だった。
タイガー・ウッズを始め、多くの有名人もこの症状に悩まされているという。
中でもぞっとしたのは、セックス依存症が悪化して自殺したという記事だった。
これにはさすがに怖くなった。
確かにセックスがしたくてしたくてたまらないんです、なんて誰に言うことができるだろうか。
親にはさすがに言えない。
となると、彼女か。
そうだな、彼女には言っておいたほうがいいかもしれない。
おれには5年付き合った彼女がいた。
おれは自分がセックス依存症の症状を認識し始めてからというもの、彼女以外の女ともセックスをするようになっていた。
あるとき、彼女がどうやら感染症のようだからおれにも病院行った方が良いと言われたときにはあせった。
彼女は何も言っていなかったが、おれにはたくさん心当たりがあった。
そんなエピソードも踏まえて、彼女に言うには少しためらわれたが、セックス依存症で自殺した人もちゃんと恋人にはカミングアウトをしていた。
セックス依存症を隠して理解がないまま、このまま付き合っていてもお互いにツラいだけだと思う。
意を決してスマホで彼女に電話をかけた。
「あ、今大丈夫?」 「なあに?」 電話の向こうの声はいたって普通だった。
「おれさ、セックス依存症かもしれない」 「へー、そうなんだ。
で?」 彼女の反応は意外と冷たかった。
これで良いのか?